通常検索
カテゴリ検索
詳細検索

第2回ビブリオバトル@中部学院大学(関キャンパス)を開催しました

2013年5月

 5月13日(月)
 関キャンパスでビブリオバトルを開催しました。
 関キャンパスでの開催は2回目となりますが、
 聴講者も増え、発表者の熱い語りを時には真剣に、時には笑顔で聴いていました。

 今回の発表者は6名。参加者全員による投票の結果、接戦で「チャンプ本」は
 理学療法学科1年生の林 英里奈さんが発表した『永遠の0』に決定しました。

  


 次回 『第3回ビブリオバトル@中部学院大学(関キャンパス)』の予定

  2013年7月2日(火) 関キャンパス ピュアライブラリー
  “本を通して人を知る。人を通して本を知る。
  ”ビブリオバトルで自分のお気に入りの本を語ってみませんか?出場希望者は図書館にお知らせください!
  また、ビブリオバトルって何?と思われた方、百聞は一見に如かず是非一度ご覧ください!!


 第2回ビブリオバトル@中部学院大学(関キャンパス) 発表一覧

発表者(所属) 『本のタイトル』 著者 出版社
橋谷 光喜
(人間福祉学科2年)
『世界がもし100人の村だったら』 池田 香代子/再話
C.ダグラス・ラミス/対訳
マガジンハウス
横田 沙織
(理学療法学科1年)
『赤い指』 東野 圭吾 講談社
足立 友恵
(幼児教育学科2年)
『卒業 開かずの教室を開けるとき』 はやみね かおる 講談社
林 英里奈
(理学療法学科1年)
👑『永遠の0』 百田 尚樹 講談社
髙見 一成
(経営学科2年)
『プラチナデータ』 東野 圭吾 幻冬舎
佐藤 勝人
(経営学科2年)
『逆説の日本史-古代黎明編-』 井沢 元彦 小学館


      
      


ビブリオバトル(知的書評合戦)とは

 自分の読んだおすすめ本を1冊持ち寄り、
 どれだけ多くの人にその本を読みたいと思わせるかを競います。
 テーマは「人を通して本を知る 本を通して人を知る」。
 ゲーム感覚を取り入れた新しいスタイルの書評合戦で、
 レジュメやプレゼン資料の配布等はせず、できるだけライブ感をもって発表します。
 制限時間は5分間です。