Search
By category
Detail search

「木育」という題(テーマ)で本を探したら

【2022年5月16日】

     

 幼児教育学科2年杉山ゼミで
 木育について考えました。

 木育とは、子どもをはじめとする全ての人が
 木とふれあい、木に学び、木と生きる取り組みです。
 子どものころから木を身近につかっていくことを通じて、
 人と、木や森との関わり主体的に考えられる豊かな心は育むことです。

 木育は「か・き・く・け・こ」の5つの言葉でまとめられていて

 か=環境を守る「木育」
 き=木の文化を伝える「木育」
 く=暮らしに木を取り入れる「木育」
 け=経済を活性化させる「木育」
 こ=子どもの心を豊かにする「木育」

      出典:「ウッドスタートガイドブック」

 子どもが育つ環境に木を取り入れていくことで、
 木の良さ(魅力)を知ってもらう大きなきっかけにもなります。

 そこで、杉山ゼミでは
 木育をテーマに絵本をみつけました。
 それぞれの感性で楽しい本が並んでいます。

 子どもたちの心を木を通して
 豊かにしていくきっかけになることを願っています。

   『「木育」という題(テーマ)で本を探したら』展示図書一覧