通常検索
カテゴリ検索
詳細検索

朗読・音読のススメ

【2022年3月1日】

     

 3月6日(日)、シティカレッジ各務原特別講演会として、
 各務原キャンパスにて、紺野美沙子さんと、
 ハンマーダルシマー奏者のMiMi(ミミ)さんによる、
 音楽溢れる素敵な朗読会が開催されます。
 それに伴い、今回は朗読・音読関連の本を中心に集めました。

 ちなみに、朗読と音読の違いは、
 音読は、書かれた文章を、声に出して読むことです。
 正しく・はっきり・すらすらと読むことを目標とされています。

 朗読は、それに加え、
 作品の価値・特性を表現して読むことを言います。
 つまり、【作者の意図・作品の意味・場面の雰囲気・
 登場人物の性格や心情】を表現して読むことを目標とされています。

 『ちょっと難しそう…』と
 思われる方もみえるかもしれません。
 しかし、例えば音読をする時は、アナウンサーのように、
 朗読をする時は、演者のように、なりきって読んでみると、
 楽しくできるのではないでしょうか。

 また、この朗読・音読をすることは、
 言葉や文脈等を理解し、それを発声するので、
 脳を活性化させ、読解力・語彙力の向上や
 声量UP、滑舌も良くなる等、
 様々なメリットが得られるそうです。

 コロナ禍で、自宅で過ごす日々が多くなりました。
 1日1分から5分程度、行うことで、
 自身のスキルアップにも繋がります。
 ぜひ挑戦してみてください。

   『朗読と音読のススメ』展示図書一覧