通常検索
カテゴリ検索
詳細検索

ビブリオバトル首都決戦に影山さんが出場!

2015年12月

   

 12月23日 (水)
 全国大学ビブリオバトル2015「ビブリオバトル首都決戦」が
 東京のよみうり大手町ホールで行われ、
 看護リハビリテーション学部看護学科1年の影山智帆さんが
 東海地区代表の一人として出場しました!

 ビブリオバトル首都決戦は全国の地区予選を勝ち抜いた30人が出場。
 はじめに準決勝が行われ、5会場に分かれて熱戦が繰り広げられました。
 影山さんはCグループに入り、北海道、関東、関西、北陸、九州のバトラーと競いました。

  

 2番目に登場した影山さんは「7つの習慣 ティーンズ」を紹介しました。

  

 「祖母からもらって読み出したのがきっかけ」という影山さん。

 プレゼンでは
 「悪い習慣を挙げて、自分に当てはめてみました。
  習慣化した方がいいことが本に書かれていますが、
  『一番大切なことから片付けることを習慣化すること』が心に落ちました。
  時間を大切にするようになりました」 と話し、
 「自分を見つめ直したい人、成長させたい人に読んでほしいです」と紹介しました。

 質疑応答では、
  「あなたはこの本を誰に紹介したいですか?」と聞かれ、
  「弟!人のせいにする弟に是非読んでもらいたい!」と答えました。
  「本家7つの習慣と、このティーンズ、どちらを先に読むといいですか?」という問いには、
  「こちらを先に読んでもらいたいです」と話しました。

 審査の結果、他のバトラーの本が選ばれましたが、
 影山さんは「会場に着いたときは緊張していましたが、発表の直前は緊張もなくなりました。
 今までで一番良い発表ができました」と振り返っていました。

   

 写真はゼミの酒井先生とともに。