通常検索
カテゴリ検索
詳細検索

第3回ビブリオバトル@中部学院大学を開催しました

2013年1月

  

 1月9日(水)
 各務原キャンパスにて『第3回ビブリオバトル@中部学院大学』を開催しました。
 各務原市立中央図書館の方々や、他大学の学生さんも聴講参加してくださいました。
 ありがとうございます。

 今回のプレゼンターは5名!!第3回の「チャンプ本」は、
 本学子ども学部3年の伊藤瞳さんが紹介した有川浩著『阪急電車』に決定しました。
 阪急今津線のたった15分間の往復の車内でのエピソードを描いた小説です。
 聴講者からは、「懐かしい思い出がよみがえった」と感想も出ていました。

 現在、各務原キャンパス図書館では、ビブリオバトルで紹介された本を展示しています。貸出も可能です。

 次回 『第4回ビブリオバトル@中部学院大学』の予定

  2013年2月13日(水)17:15~ 各務原キャンパス 1201教室
  聴講のみの参加も可能です。みなさん、ぜひ参加してみてください。
  発表を希望される方は、事前に図書館までお申し込みください。(申込時に氏名と本のタイトルを伺います。)
  みなさんお待ちしております

発表者(所属) 『本のタイトル』 著者 出版社
猪狩 賢亮
(子ども学部2年)
『クビキリサイクル : 青色サヴァンと戯言遣い』 西尾 維新 講談社
伊藤 瞳
(子ども学部3年)
👑『阪急電車』 有川 浩 幻冬舎
寺澤 由香里
(子ども学部4年)
『謎解きはディナーのあとで』 東川 篤哉 小学館
東條 巧
(人間福祉学部2年)
『明治人の力量』 佐々木 隆 講談社
玉腰 由佳
(経営学部3年)
『バカとテストと召喚獣』 井上 堅二 エンターブレイン

    
    

ビブリオバトル(知的書評合戦)とは

 自分の読んだおすすめ本を1冊持ち寄り、
 どれだけ多くの人にその本を読みたいと思わせるかを競います。
 テーマは「人を通して本を知る 本を通して人を知る」。
 ゲーム感覚を取り入れた新しいスタイルの書評合戦で、
 レジュメやプレゼン資料の配布等はせず、できるだけライブ感をもって発表します。
 制限時間は5分間です。